ピアノに関する基本知識

ピアノの歴史について

ピアノは誰もが知っているであろう、知名度が最も高い楽器です。


しかし、音楽の授業なんかでは、有名な作曲家なんかについては習うことがありますが、 楽器の歴史まで習うということはあまりありません。


ピアノがいつごろからあるのか、知っているでしょうか?


ピアノはもともとチェンバロという楽器だった

ピアノの歴史は古く、1709年ごろ、バルトロメオ・クリストフォリ というイタリアのチェンバロ製作家によって造られました。ilm10_ch03001-s.jpg


1709年という時代には、 貴族達が自分達のために楽器を製作させるというのが一般的でした。


バルトロメオ・クリストフォリはフィレンツェのメディチ家に仕えており、 ここの王子がチェンバロの改良をさせたことがピアノを生み出すきっかけとなりました。


なぜ、改良をさせたかというと、チェンバロには大きな弱点があったからです。 それは音の強弱をつけることができない、ということです。


クリストフォリはハンマーアクションを加える事により、 音に強弱をつけられるように改良しました。 ピアノの正式名称は「クラヴィ チェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」で、 意味は「強い音と弱い音が出るチェンバロ」という意味です。

この長ったらしい名前はだんだん略されていくようになり、 現在ではピアノと呼ばれていますね。


この「クラヴィ チェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」は ドイツのゴットフリート・ジルバーマンやヨハン・アンドレアス・シュタインなどの オルガン製作家に受け継がれて改良をされていきました。


ピアノはこの当時、「ハンマーフリューゲル」とも呼ばれ、 5オクターブから5オクターブ半の音域を出すことが出来ました。


発明によってピアノの音域は広くなっていきました

フランス革命以降は貴族だけのものだったピアノが、 一般大衆化していきました。 それに伴い、ホールで演奏する際に必要な音量と音域が求められていきます。


フランスのピエール・エラールは素早く連打する事が出来る グランドアクションが発明し、ハープがフェルト製のハンマーを発明しました。


リストやショパンの時代、82鍵もの音域に拡大していました。 そんな音域を最初に縦横無尽に駆使して作曲したのはリストでした。


個人的にリスト大好きなんですよね! 弾くのはかなり難しいんですけど…w



19世紀頃になると、音域やアクションもどんどん改良されて高性能になっていきます。 フレームには鉄骨が利用されるようにもなります。


そして遂にこの頃、アップライトピアノが誕生しました。


それからヨーロッパのピアノメーカーなどにより、 第一次世界大戦が終わった後ぐらいに標準音域が88鍵になりました。


日本ではヤマハが、1900年(明治33年)に初の国産ピアノを製造しました。 1928年(昭和3年)にカワイのグランドピアノが完成しました。






>>【ピアノ買取の相場価格はいくら?】中古ピアノ査定額を上げるポイントも解説 トップページへ戻る