ピアノに関する基本知識

ピアノの鍵盤の数が88である理由とは?

ピアノが発明された当初、鍵盤の数は54しかありませんでした。


そこから少しずつ鍵盤の数が増えていき、 現在の7と1/4オクターブの88鍵という数になりました。


どんどん増えていったのに、どうして88鍵で打ち止めになってしまったのか 気になるところですよね。


私自身ピアノを習っていたのですが、正直知りませんでした。 ピアノを習っている人は結構いるかもしれませんが、 その中で知っている人はほとんどいないのかもしれませんね。


人間の耳で聞き取ることが出来る限界の音

人間の耳で聞きとる事が出来る音は約20ヘルツから2万ヘルツの間です。 そして音程として聞きとることが出来る限界は4000ヘルツなんです。


そのため、これ以上鍵盤の数を増やしても、ノイズのように聞こえ、 ちゃんとした、音楽の音としては聞きとる事が出来ません。


と、言うわけでこれ以上は増やしても意味が無いんで88鍵盤でとまっているんです。 画像で説明をすると…↓








というわけなんですよー☆\(^o^)/


外国のメーカーでは88鍵にとどまらず、97鍵のピアノを作っているようです。 しかし、最低音部の9鍵が演奏で使われることはほとんどありません。


意味が無いのでは?と思うかもしれませんが、他の鍵を弾いた際に、 その弦と共鳴して豊かな響きを与えるという効果があります。






>>【ピアノ買取の相場価格はいくら?】中古ピアノ査定額を上げるポイントも解説 トップページへ戻る