ピアノに関する基本知識

大人になってからピアノを始めても遅くない?教室の選び方

ピアノを始めるのに遅いということはありませんよ!。


ピアノは子供の頃からやっていないとダメと思っている方は多いかもしれませんが、 そんなことは絶対にありません。


私はピアノはわりと小さい頃から始めていますが、 ヴァイオリンは中学からなので遅いと言えば遅いのかな?


私には人生の中で絶対にやりたい楽器が3つあります。 それはピアノとヴァイオリンとチェロです。

前の2つはやりましたので、 あと残すはチェロのみ!死ぬまでには絶対やりますよ!!\(^o^)/


憧れの楽器は大人になっても変わらないものです♪


ピアノを大人から始めるメリット??

大人になってから楽器を習い始めるメリットは絶対にあります。ilm14_bk04002-s.jpg


例えば、子どものときは誘惑が多くて、意思が弱くて なかなか練習に集中する事が出来ず、やめてしまったり…。


しかし大人になった今なら忍耐力がありますし、 なにより力がありますから曲の表現力も高まります。


ただ、学生時代とは違い、仕事や家事などで忙しいため、 毎日1時間は練習するぞ!と思ってもなかなか難しいかもしれません。


ですから、あまり徹底的にならず、「練習出来るときにやればいいや」 ぐらいの気持ちでいるようにしましょう。


ピアノのこと以外でも言える事ですが、練習をコツコツ続けていくことで上達するので 学生よりはサクサク上達するのは難しいかもしれません。


ただ、大人になってからのピアノで大切なのは「楽しむ」ということですよ(*^。^*)


上達するよりもまずピアノを楽しもう!

無理の無い範囲で、出来るときに練習して気楽な気持ちで楽しんで 続ける、というのが大人のピアノの基本です。


ただ、難しい曲だとどうしても限界がくることもあります。

学生の頃、私も指の動きに限界が訪れた事が…(~_~;)


「どうやったらそんなにも早く指を動かすことが出来るの?!」
と自分の実力に限界を感じてしまった事がありました。


しかしどうしても諦められず、毎日学校から帰るやいなや 泣きながら、それこそ6時間ぐらい練習をしていました…。

弾くのがもう嫌になったのではなく、 弾けない自分が悔しくて悔しくてそれで泣いていました(-_-;)


どうしても弾けるようにならないと気が済まず、 そんな日々を続けていましたら遂に腱鞘炎になってしまいました…。 シャーペンが握れず、字もかけなくなっちゃって大変でした!


それぐらい努力すれば難易度の高い曲であっても弾けるようになりますが、 大人になってからでは難しいと思います。


ですから、極めるというよりは楽しむという感じで ピアノに触れていきましょう。


大人のピアノ教室を選ぼう

楽器メーカーなどの音楽教室なんかだと、 例えばヤマ〇、「幼児から小学生までのクラス」や「大人のクラス」 といったように世代分けされています。


大人のクラスがちゃんとあるので そのあたりは安心ですよね♪


普通に大人が出入りしていますから、通いにくいことはないでしょう。


いくつかのコースがあることが多いのですが、 もしかしたら自分に合うコース、やりたいコースがないかもしれません。。

そんな時は自分に合うコースを作ってもらう訳にはいかないのでw
個人でやっている教室の方がよいでしょう。


個人教室を選ぶ…注意点は?

個人の教室を選ぶ際には、そこが 「大人のクラス」も扱っているのか確認しましょう。


子どものみを対象にしているところもありますから、 断られてしまうこともあるんだとか。


個人の教室は実力には関係なく、 自分の希望でレッスンを受けることが出来ると思います。


楽器メーカーでも、音楽教室でも、 まず体験レッスンを受けてから決めた方が良いです。


この先生だったら楽しくピアノを続けられそうだ、などなど そういうものを考えながら選ぶことをおすすめします♪



>>【ピアノ買取の相場価格はいくら?】中古ピアノ査定額を上げるポイントも解説 トップページへ戻る