ピアノの買取情報♪

ピアノのメンテナンスについて

定期的なメンテナンスをする事でピアノは長持ちしてくれます。 売るときに状態が良ければ査定額もその分高くなります。


売却するつもりは全くないという場合でも、 高価なものですし、大切に扱っていきたいですよね。


そこで、自分でもできるメンテナンスと、 プロにお任せするメンテナンスについてお話します。


自分で出来るメンテナンス

ilm16_ae02016-s.jpg ●掃除をこまめにやる
楽器用の掃除布というものが販売されています。 また、ハンディモップやクリーナーなど、柔らかい素材のもので 汚れを拭き取るようにしましょう。


黒塗りのピアノの場合、外のホコリが目立つのでそちらに目が行きがちですが、 素手で触れる場所である鍵盤はとても汚れやすいのでしっかり綺麗にしておきましょう。


特に子どもが触る頻度が高い場合、 手の汚れが付着したまま、ということが多いので気をつけてください。


油脂などの汚れは時間が経つほど落ちにくくなってしまいます。 ですから、出来る限りこまめに掃除しておきましょう。




ilm16_ae01005-s.jpg ●換気
ピアノの屋根(蓋)の部分は普段閉じられていることが多いです。

その状態でずっと置いておくと風通しが無く、密封されてしまいます。 それにより、虫が発生しやすいに環境になってしまいます。


天気の良い日に窓を開けて、そしてピアノの屋根は開けて、 風をピアノの中に通してあげるようにしましょう。


ただし、換気しなければならないと言って雨の日にすることはやめてください。 その理由は↓に続く…




ilm05_cb10026-s.jpg ●温度、湿度
ピアノは木や皮を使って造られているので、 温度や湿度の変化によって、状態が悪くなってしまいます。


快適に感じる温度は15℃から25℃、湿度は50%から70%です。 この温度と湿度に保つことが大切です。


ですから、湿度が高い雨の日に ピアノの換気をするのは控えたほうが良いでしょう。


また、エアコンからでる冷風や温風が直接当たってしまうのも良くありません。 気をつけてください。




●鍵盤の音
いつもピアノを弾いている家庭も、普段全く触らずに置いてある家庭も、 全ての鍵盤の音を出すのが大切です。


いつも弾いているから別にそんな必要ないわと思っているかもしれませんが…。
はたして全ての鍵盤を叩いているでしょうか?ilm16_ac01023-s.jpg
どうしても良く弾くところ、あまり弾かないところなどバラつきが出てきてしまいます。


ですから、定期的に全ての鍵盤を押してください。 この作業でピアノを長持ちさせることができます。


どの作業もそんなに大変なものではありません。 簡単に出来ますから、日頃からちょくちょくやるよう心がけましょう。




次はプロに頼むメンテナンスについてです。


●プロの方に頼むメンテナンス

●定期的に調律
半年から1年に1回ぐらいのペースで プロの調律師の方に頼んで調律をしてもらいましょう。


天然の木や皮などを使用しているので 時間の経過とともに音がズレてきてしまいます。


それに加え、ピアノの弦、1本にかかる張力はなんと約90キロ、 全体ですと20トンもの張力がかかっています。

以上の問題を解決するために調律はしっかりしましょう。 音が出にくかったり、鍵盤が戻りにくかったりする問題も、 解決出来る事がありますよ。




●クリーニング
クリーニングは外から見える所のみならず、内部もやってもらえます。


まず外部のクリーニングは、全体をワックスで磨いたり、 ペダルのくすみを綺麗にしたり、傷を直してくれたりします。


これにより、新品のような見た目に仕上げる事が出来ます。


内部に関しては、ピアノを分解するなどして開き、 ホコリなどの汚れを綺麗にしていきます。




●オーバーホール
オーバーホールとは、ピアノの部品を全て新品に交換する作業の事です。 弦やハンマー、調律ピン、ダンパーフェルトなどの部品がその対象です。


新品の状態にすることによって、 買った時に近づき、音の出方が綺麗になります。




>>【ピアノ買取の相場価格はいくら?】中古ピアノ査定額を上げるポイントも解説 トップページへ戻る