ピアノの買取情報♪

友人の体験談:ピアノのお引越しの際のクリーニングと調律について

ピアノの引越し!
-----ピアノを引越しさせることになった-----
小学校低学年ぐらいまでピアノを習っていたけれど 練習が嫌になってしまい、結局辞めてしまいました。 そのときのピアノは辞めた時に処分してしまったのですが、 社会人になり、またピアノを弾きたいと思ってYAMAHAのアップライトピアノを購入しました。

それからは1年ぐらいレッスンに通っていたのですが、 仕事が忙しくなってしまったためレッスンを辞めてしまいました。 それからはピアノに触る事はなくなってしまいました…。

それが15年くらい前の出来事です。 15年間ピアノは実家に放置され、私は結婚してアパート暮らしをしていました。 そんなある日、私の幼稚園生の子どもが、

「ピアノを弾きたい!」

と言ったのです。ちょうどそのころ、 アパートから一戸建てに引越しする事になっていたので、 そのタイミングで実家のピアノを新居に持って来ることにしました。




-----ピアノを引越しさせるのにいくらかかる?-----
アパートの家財と一緒に実家のピアノも引越しさせようという事で 某大手引越し会社にやってもらうことになりました。

ただ、ピアノの引越しに関しては、提携しているピアノ専門業者が請け負うことに。 家は岐阜でピアノ業者は名古屋だったこともあり、 家財の引越しと別日になってもよいとのことだったので別日になりました。

引越し業者の見積もりの時に、ピアノの引越しについていくつかの質問をされ、答えました。

・アップライトピアノである
・実家の2階の部屋に置いてあり、外からクレーンで搬入した
・新居では1階のリビングに置く
・アパート、実家、新居はそれぞれ車で5分程度の距離

などなど。

そして出してもらった見積もり、ピアノを引越しするための費用は…3万円でした。

思ったより安かったです。

ピアノを降ろす際にクレーンを使わなければならないので 10万円ぐらいはかかってしまうのではと思っていたのでびっくりです。

家財とセットで無ければもう少し高かったのかな?と思いつつ、 図々しくももう少し安く出来ませんか?と聞いたところ、

「家財の引越し代金に関しては出来るのですが…ピアノは別業者なので無理ですね。」

とのことでした。

すかさず家財の引越し代金を値引きして欲しいと頼むと、 「即決」を条件に値引きしてもらえたのでよかった♪




-----ピアノ引越し業者と打ち合わせ-----
家財の引越しの打ち合わせから2、3日後、 ピアノ業者から引越し打ち合わせについての電話がありました。

・引越しを行う日時
・ピアノの種類について(アップライトピアノ)
・搬入時の様子(どこから入れたのか?クレーンを使ったのか?)
・今、ピアノがどこに置いてあるのか
・新居のどこにピアノを置くのか

などの情報を伝えました。 当日は作業員2人で、クレーン車で来るとの事。 詳しい到着時間については引越し前日に連絡するとのことでした。

事前の打ち合わせはこの電話だけでした。 引越しの前日に予定通りの時間に伺うとの連絡がありました。




-----ピアノ引越し当日!-----
約束の時間にクレーン者に乗って作業員の男性が実家に到着しました。

2回に置いてあるピアノを確認して、 搬入時の経路を伝えたらすぐに引越し、かと思いきや ピアノの状態をチェックするとのこと。

古いものだし、細かい傷とかホコリぐらいはあるよなあと思っていたら

「内部にカビがありますよ」

と、言われてしまい…びっくりしました。 鍵盤の下の大きな板を見てみると、内側の所に薄く白い斑点がいくつかありました…。 パッと見ではカビと思わなかったのですが やはり15年もお手入れしていないとなると、 湿気やなんかでカビが生えてしまってもおかしくないんだそうです。

「このままの状態で引越しすればカビで音が悪くなる上に ピアノは更に傷んでしまい、新居にカビを持ち込んでしまいます。 ですから、弊社のクリーニングサービスをご利用されませんか?」

と作業員に提案をされました。

どれぐらいかかるのか、クリーニングのお値段を聞いてみると、

「ピアノ内部のパーツをほとんど全て分解してお掃除する スーパークリーニングですと40万円、 一番の安いクリーニングですと6万3千円です。 この価格には、1回の調律代も含まれています。 クリーニングするために弊社の工場へ運送するのですが、 それに伴う代金は別途必要ありません。」

とのことです。
一番安くて6万3千円…この機会を逃せば今後クリーニングを頼まないだろうし、 どうしようかなあ…。

と躊躇していたところ、

「15年ぐらいずっと調律をしていなかったんですよね? 普通は調律は1年に1度するもので、毎年やっていたとしたら15万円以上かかります。 今回、6万3千円でクリーニングと調律が出来てしまうのですから そんなに高い物では無いと思いますよ。」

と言われ、納得。 毎年ちゃんとお手入れをしていたらもっと費用がかかっていたよなあ。 クリーニングまで一緒に出来ると思えば安いのかな…?

ただ、これが妥当な金額なのかが分からない…。 しかし調べる時間もなく、新居にこのまま持っていくか、クリーニングに出すか 今すぐに決めなければいけない状況です。 仕方が無いので

「じゃあ、6万3千円のクリーニングでお願いします」

と頼む事になりました。旦那に相談せずにまずかったかなー。

「クリーニングの元がとれるぐらい、子どもには長くピアノを続けてもらわないと!」

と思いながら搬出されていくピアノを見送りました。

ピアノは分厚い布で全体を包んでから両端を紐で下から引っかけ、 作業員が紐を肩からかけてベランダまで運び出し、 ベランダからクレーンで吊り上げて荷台に積みこんで終了。

200から300キロぐらいもあるアップライトピアノと部屋を傷つけることなく、 2人で運ぶ事が出来るなんてさすがはプロですよね。

部屋から出してクレーン車に載せるまで、たったの10分程度の作業でした。素早い!




ピアノクリーニング

6万3千円のクリーニングのコースは、 ある程度ピアノを分解してから内部のホコリやカビを取り、 ピアノの表面(木の部分)の細かい傷を取って、 外装、蝶つがいを磨き上げていく、というものでした。 それ専用の器具を使ったりするので、 自分ではやれないところまで掃除してもらえます。

お手入れする事で音が変わる上に、寿命まで伸びるんだとか。 ほったらかしは厳禁で、こまめにクリーニングしておけば、 手間も時間も費用も軽く済むようです。

長期間使っていないピアノにねずみや害虫が住みついていた、 なんてこともありますから、気をつけましょう。

クリーニングが出来るまでには約1週間ほどかかるとのこと。 ピアノに何かトラブルがあった場合、連絡をするとの事ですが、正直怖いです。 15年間ほったらかしだったので内部が傷んでいる可能性は大いにあります。 追加の作業が必要になった場合、いくらかかるのか…。

で、案の定業者から電話がかかってきました。 トラブルの箇所が内部に2つあるようで…。

一つは弦のサビです。 内部にギターのような弦が200本以上あり、そのうちの数本が少しさびているようでした。 サビが酷くなると、音に影響があり、切れてしまうこともあります。

もう一つはハンマーです。 ハンマーとは、鍵盤を押した際に弦をはじくもので、 これのフェルトの部分がすこし磨耗しているそうです。 ひどくなるとハンマーがぶれたり、雑音が入ってしまったりするそうです。

どちらも直すとなると、追加料金が5万円もかかってしまうのだそうです…
これ以上かかると旦那が何を言ってくるか…

どうしようか迷っていると、

「この2つであれば、工場にわざわざ運ぶ必要がなく、 自宅で修理交換か可能ですからいつでも大丈夫ですよ」

とのことだそうです。

また、詳しく聞いてみると、2つともそこまで酷い状態ではなく、 初期段階なので、音にこだわりがなければ 今はそのままでも大丈夫という話で、安心しました。

いつまでピアノを続けられるか分からない幼稚園児の娘が使うだけで 音にこだわりはないし、そんなにお金をかけられないので とりあえず修理はお断りしました。

引き続きクリーニングをしてから出来上がり次第連絡をくれるとの事です。




ピアノがようやく新居へきました!

ピアノをクリーニングに出して1週間…。 遂に業者からクリーニングが完了したとの電話がありました。

改めて、いつ新居に搬入するかを決めました。

そういえば…ピアノを実家から搬出するときに、 もともと置いてあったインシュレーター(キャスターの受け皿)が プラスチックで、それについて作業員がこんな事を言っていました。

「現在では耐震、防音、耐久性がある特殊ゴムで出来たインシュレーターが主流なんです。  受け皿が深く、大きい地震でもピアノが倒れないので安心ですよ。必要でしたら、手配しますよ。」もピアノが倒れることはなく安心ですよ。よろしければ手配します。」

そこでインシュレーターの値段を聞いてみると、4個セットで1万8千円でした。

た…高い!!
でも地震があっても安心だし、防音効果があるので防音マットを敷く必要が無いんだとか。 その上大人2人であればピアノを引きずって移動させることも出来るので、 ピアノの下の掃除もできるという優れものなんです。

うーんでもやっぱり高いよね(泣)

というわけで、ネットで探して見ると同等品がなんと 4,500円で売られていたので即購入しちゃいましたw

新居へ搬入する当日。 クリーニングし終えたピアノが遂に新居にやってきました!

本当2階の子ども部屋に置きたかったのですが、 木造建築で、ピアノを置くことが出来る耐久性がないので、 1階のリビングにおくことになりました。

玄関からは入れづらいので、リビングの大きな窓から入れる事になりました。

男性作業員2人が、分厚い布に包んだピアノの両端にしたから紐をかけ、 担ぐような形で運んできました。

購入しておいたインシュレーターにピアノを設置して、 ピアノ、家の床、壁など傷がついていないか、きちんと音が出るかなどを 確認してから作業が終了しました。

作業時間は10分もかからずスピーディーに終わりました。

搬出の時とは違う作業員の方でしたが、 やっぱりプロは凄いですね。作業が早く、安心できました。

後日、調律師の方が調律をしに来てくれます。 また日時の打ち合わせをしなければー。




ピアノ調律

クリーニングしてもらったピアノが我が家に来て、1週間。 調律の担当の方から電話がありました。 いつにするかを相談して、5日後に来られる事になりました。

当日、若い女性の方がみえました。そして早速作業開始です。

CIMG1079_s.jpg

まず、ピノの上蓋を開けて、ピアノ正面パネル→鍵盤蓋→白いフェルトがついた長い板 の順番に3つを外していき、弦やハンマーがむきだしの状態にします。

CIMG1077_s.jpg


そして鉄製の棒のようなもの(音叉)を鳴らし、基本の「ラ」の音を聞きます。

CIMG1082_s.jpg


この「ラ」の音は鍵盤の中央の「ラ」の音で、 まずここから音合わせして、その左横の「ソ」から低音に向かってあわせます。 一番低い音まで合わせたら、今度は基本の「ラ」の右横の「シ」から 高音に向かって合わせます。

この時に一つ一つの音を出すのですが、 他の音が混じってしまわないように、赤く、細長い布を弦の間に挟み、 となりのハンマーも動かないように細長い棒をとなりのハンマーの下にさして 固定して行っていきます。

CIMG1078_s.jpg

その状態にしてから、音を出し、専用の器具で弦の巻き具合を調整していきます。

この作業を見ていて気付いたのですが、鍵盤の数より弦の数の方が圧倒的に多いということ。 ピアノの鍵盤が88あるのに対し、弦は約230本もあるそうです。


高音域や中音域は一つの鍵盤につき弦が3本もあり、 低音域は3本から1本になっていきます。 どうして一つの鍵盤に弦が3本もあるのかというと、 音の伸びやバランスをとるためのようです。 普段はピアノの内部を見る事ができなかったので知りませんでした。

黙々と作業を続けられて、1時間半ぐらいで作業が終わりました。 15年調律を全くしておらず、かなり弦が緩んでいたので時間がかかってしまったようです。

「長い間放置されていた弦をいきなり巻きましたので、反発して戻りやすくなっています。 年1回は調律するようにしてくださいね。」

だそうです(^_^;;)

ちなみに…調律師の方に資格をもっているのか聞いてみたところ、

「調律の専門学校で勉強はしていますが、資格はもっていません。  最近国家資格が出来たそうなんです。」

とのことでした。

しかし、ちょっとした音の違いを聞き分けて調律していくなんて、 よっぽど耳が良くなければ出来ないお仕事だと感心していました。

一応ピアノを習っていた私ですが、 調律前と調律後のピアノの音を聞き比べても音の違いが全然分かりませんでした。

調律が終わり、帰られる際、

「ピアノの乾燥剤はもっていますか?これから梅雨の時期になるので 乾燥剤をピアノの中に入れておいた方が良いですよ。」

とおっしゃいました。

またお金がかかるのか…。 作業の度に斡旋されるのでちょっとうんざりしてきました。 必要なものではあるんでしょうが、

「考えておきますね!」

と伝えて値段も聞かずに帰っていただきました。

でもこれから梅雨の時期なのでカビは心配です。 インシュレーターの時のようにネットでお値打ちな物があるといいなと思います。

クリーニングまでしてお金をかけたんで、 どうにかおチビにはピアノを頑張ってもらいたいものです。




友人の体験談からのまとめ

以上に紹介した友人の場合は 実家と新居が車で5分という近い距離であったためにこれほど安かったんですよね。

5分の距離で3万円…ということは、5分以上でだったらいくらかかるのか…? 単純計算だと、10分の距離なら6万円、15分の距離なら9万円?? 考えてみるとピアノを引越しさせるのは高いですよね。


引越しの際にピアノも移動させる、その費用はおいくら? のページでも書いたのですが、ピアノは少しの振動でも負担がかかる デリケートなものです。


私の友人は無事に引越しすることが出来ましたが、 業者によっては傷などのトラブルが起こることだってあります。


そう考えてみると、ピアノの引越しは結構リスクがあるように感じますね(´Д`;)





>>【ピアノ買取の相場価格はいくら?】中古ピアノ査定額を上げるポイントも解説 トップページへ戻る