ピアノの買取情報♪

買取不可のピアノはどういうもの??

ピアノは小さいころに買ってもらっていたり、 親などから譲り受けたものも多いですよね。

そうなってくると、大人になって買い取ってもらいたい時に すでに結構な年数が経ってしまっている…。なんていうことはよくあります。

また、子どもやペットがいると 何かがぶつかってしまって抉れてしまったり、 爪で引っかいたような跡が残ってしまったりすることがあります。

実際、私の実家にあるピアノには 擦ったような、削ったような跡や、何かの角をぶつけた跡のようなものがありました。

処分してしまう場合であれば、どれだけ傷ついていても気にはなりませんが、 買い取ってもらおうとなると、難しいのでは?と心配ですよね。


そこで、買取が出来ないピアノとはどういうものなのか調べてみました。


年式

ピアノ買取りの公式ホームページに書かれていた内容では、 ピアノを購入してから何年も経過しているのは当然なのでそんなに気にする事ではないとのことです。


製造されてから30年以上経過していなければ、 ほとんどのピアノに買取価格がつきます。

それ以上古いピアノだと、買取対象外になってしまうケースも増えてきます。


ただ、買取業者によってその基準は異なってきます。 ですから、色んな業者に査定をしてもらって買取してくれるところを探してください。



しかし1件1件自力で買取業者に聞くのはかなり手間がかかってしまいます…。
いくつかの買取業者に一括で見積もり出来るサイトなら、簡単に出来るので良いですよ。


買取をしてもらえない場合でも、引き取ってくれる業者もあるようなので、 もし値段がつかなければ処分に関しても聞いてみましょう。


故障・傷

日常生活でつくようなささいな傷であればそんなに気にする必要はありません。


鍵盤がなかなか上がらなかったり、するような故障についても、 実はそんなに査定額には影響しないようです。


ただ、外装の塗装が剥げてしまっていたり、大きな傷が出来てしまってる場合は 査定額が下がってしまう要因になります。


内部の損傷についても査定額が下がる原因となります。

業者によってどこをどれだけマイナスにするかという評価は異なってきます。 ですから、何社かに見積もってもらうということが大切です。


無料で簡単に、一括で見積もりが出来ちゃうのでおすすめです。
>>ピアノ買取の一括無料査定サービス【ズバットピアノ買取比較】<<





>>【ピアノ買取の相場価格はいくら?】中古ピアノ査定額を上げるポイントも解説 トップページへ戻る