ピアノの買取情報♪

買い取ってもらえるピアノの種類とは?

グランドピアノ
ホテルやコンサート会場、学校などに置いてあるピアノといえばグランドピアノです。 ピアノといえばこの形!ですよね。


プロのピアニストやピアノへのこだわりがある人などが所有しています。 ピアノと言えば、本来はグランドピアノの事を指していました。


グランドピアノの形は独特ですが、なぜでしょうか?ilm10_ch03002-s (1).jpg
それは、低音の弦は長く、高音の弦は短いためです。

アップライトピアノに比べて多彩な音を出すことが出来、 強弱がとても反映されやすく、バランスが良いピアノです。

音の伸びも良く、細かい連弾もしっかりと思いどおりに表現する事が出来ます。


そして、グランドピアノとアップライトピアノでは ペダルを踏んだときの効果が違っています。

まず、左ペダルについてですが、グランドピアノはシフトペダルというもので、 音の雰囲気を変える事ができます。 アップライトピアノはソフトペダルというもので、 その名の通り、音が柔らかい印象になります。

次に中ペダルですが、グランドピアノはソステヌートペダルというもので、 直前に押した音に伸びを出します。 アップライトピアノはマフラーペダルというもので、音量を下げます。


右のペダルはダンパーペダルというもので、グランドピアノもアップライトピアノも共通です。 鍵盤から手を離しても弾いた音が伸びたままの状態になるものです。


グランドピアノのサイズについて、これは一つという訳ではなく、 奥行きが150cmクラスのミニグランドから、 奥行きが270cmクラスのコンサートピアノまで様々あります。


グランドピアノの買取をしてもらいたいなと思っている方は 無料ピアノ一括査定「ズバット ピアノ買取比較」のサイトで、 複数の買取業者の買い取り価格を比較してから売るのが一番良いです。


いきなり買取業者に査定してもらって1社だけを見て売ってしまうと、 大分損をしてしまう事がありますから気をつけてください。


アップライトピアノ

アップライトピアノは一般的な家庭や学校など、幅広い場所で使用されています。 グランドピアノよりも小型で、形の面でも置きやすく、 狭いスペースを利用して設置する事が出来るので人気です。


fur022-s.jpg アップライトピアノは縦型の形なのですが、その理由は、 フレームと弦が、床と垂直になるように作られているためです。 グランドピアノの機能を生かして作られています。


音の表情の豊かさはグランドピアノには劣ってしまうのですが、 グランドピアノに比べ設置がしやすいという事もあって、 自宅での練習用などとして人気が高いです。


ヤマハやカワイなどのメーカーでは112cmクラスの背が低いものから、 131cmクラスの音質重視の背が高いものまで様々あります。


外観としては、グランドピアノ同様、 一般的な鏡面艶出ししてある黒塗りタイプや、 自然の木目を生かしたタイプなどがありお好みで楽しめます。


アップライトピアノの買取の際も
無料ピアノ一括査定「ズバット ピアノ買取比較」で数社を比較してから
高く売るようにしましょう。


電子ピアノ

電子ピアノは「エレクトロニックピアノ」「デジタルピアノ」などとも呼ばれています。

グランドピアノの音色を電子データ化した音が出るピアノで、 グランドピアノやアップライトピアノのように 温度や湿度などの影響を受ける事が無く、いつでも音程が正確です。

そのため、管理しやすいというメリットがあります。


価格が安く、音の調節が自由にでき、持ち運びがしやすいために人気があります。 また、イヤホンをつけて使うことで音が外に漏れず、 深夜などの騒音が気になる時間などでも気にせず練習が出来るというのも便利です。


演奏を録音する事が出来たり、他のピアノの音や他の楽器の音に アレンジする事が出来るものもあります。に


エレクトーン

ilm17_cb02005-s.jpg ヤマハが製造している電子オルガンの商品名で、ヤマハの登録商標になっています。 上鍵盤・下鍵盤・ペダル鍵盤・エクスプレッションペダル・セカンドエクスプレッションペダルを備えています。


上位モデルにはリズム機能が搭載される様になり、伴奏の面で充実してきました。


現在はD-DECK、ステージア、ステージアミニなどのモデルを販売しています。


電子ピアノ、エレクトーンを無料ピアノ一括査定「ズバット ピアノ買取比較」で売る事は出来ます。
ただ、一社でしか査定することができません。





>>【ピアノ買取の相場価格はいくら?】中古ピアノ査定額を上げるポイントも解説 トップページへ戻る